就労継続支援

就労継続支援

就職するための訓練を実施

photo1

photo1

就労継続支援とは

通常の企業の雇用されることや、雇用契約を結んだ就労が困難である方々に対して、必要な知識や能力の向上のための訓練を行ったり、就労の機会をご提供しているのが、就労継続支援事業です。

・就労に必要な知識や能力向上のための訓練を行います。

・就労の機会や生産活動の提供していきます。

ポリーライフケアサービスが実施する「就労継続支援」の特長

1)就労の機会や生産活動の提供していきます。

一般企業への就労支援はもちろんのこと、高齢者・障害者の在宅生活を支える介護事業を行うポリーライフケアサービスの就労継続支援では、初任者研修(ヘルパー)の資格が取得できます。

2)ライフアシスタントとして学べます。

「対人援助のプロを育てる」ことにこだわりを持ち、介護に留まらない「高齢者や障害者をあらゆる面からサポートする」人材の教育を実践しています。ライスアシスタントとは、初任者研修(ヘルパー)資格の他、介護する方へのメンタルサポートなどを学び、実践していける新しい職種です。
※ヘルパーの仕事についてはこちらをご覧ください。

3)ポリーライフケアサービスへの就職も可能です。

ポリーライフケアサービスでは、高齢者・障害者の在宅生活を支える介護事業を行っています。介護ヘルパーの派遣や、居宅介護支援の他、小規模多機能型居宅介護を行っており、就労支援を終えた方々の働く場が提供できます。

photo1

photo1

photo1

A型支援とB型支援とその進路

進路のイメージ

support01-2

B型支援について

・介護員初任者研修(旧ヘルパー2級)資格の取得学習をします。

タブレットなどを使ってインターネットで販売します。
①商品の写真を撮る→②販売サイトに登録する→③梱包・配送

・個性に合わせた学習時間をつくります。

◇字を丁寧に書く練習 ◇計算練習 ◇履歴書の書き方など就職活動に役立つ学習
◇挨拶、名刺の渡し方などビジネスマナー

・事務所内作業

事務所内で、内職作業などを行っていただきます。

・同行研修

介護の現場に同行し、実際のお仕事の雰囲気を体験していただきます。

B型 一日の流れ

通常の流れ
初任者研修(ヘルパー資格)がある場合の流れ

oneday

※初任者研修(ヘルパー資格)は年2回 春・秋に週3日2か月半程度で開催予定です。
利用者の方は受講料無料です。

A型支援について

・介護員として経験を積みます。

ポリーヘルパーステーション所属のホームヘルパーと同行し、将来的には施設外で一人で就業できるよう支援します。また、区内の協力してくださる施設で就業(体験含む)します。希望される方には一般就労に向けて支援していきます。

・B型の人と協力して仕事をします。

介護員の仕事がない時間帯には、B型施設の方と協力して作業を行います。

・予習や復習、自主学習の支援をします。

わからない事や今後学びたい事の相談を個別に受ける時間を設けています。自主学習・予習・復習ができるような支援を行います。

ポリーライフケアサービスについて

大阪営業所

・訪問介護事業

高齢者対象:平成26年7月より開始 障害者対象:平成26年11月より開始 移動支援:平成27年2月より開始

・介護員初任者研修事業

平成26年5月より開講

・就労継続支援A型、B型事業

平成28年2月から

contact