コラム


介護の質

私が会社を立ち上げ、今年で16年の、17年目に入りました。ヘルパーとして福祉公社でお世話になり、いろいろな現場を学ばせていただきました。生活保護のところ、障がい者のお宅、高齢者お宅といろいろな生活を垣間見せていただくことで、人の生活が本当に様々であることを学ばせていただきました。そして生き様、死に様です。私たち介護員のやりがいはそこに係わり、最後の時に「あんたにあえてよかった。」と言って人生を終えてもらえることです。そしてこのプライドが私たちを支えています。
当社の介護員さん達を見ていると、最初にどういう施設に入職したかによって大きく介護観が変わります。
当社は施設の形は作っていても中身は在宅であり、その中で営まれる生活はできるだけ個別性を尊重した介護の形を目指してきました。しかしながら施設長が変わるとその考え方や、介護の方法がまったく変化してしまうのです。介護員さん達はその施設のトップの考え方で教育され、同じ行動をとるようになってしまいます。そして善きにしろ悪しきにしろそれが介護の質と呼ばれるものになります。だからこそ管理者の価値観、倫理観が大切になるのです。何十年この業界でお世話になると、人を送るごとに自分の関わり方に間違いはなかったかと自分に問いかけ続けてきました。少なくとも今の自分にできるだけ誠実に関わったかということです。この問いかけが介護の深さとなります。
介護員はこの問いかけによって人間的成長をしていきます。
今介護員さんがなかなか育たない時代のように思います。昨日60歳台の介護員さんが面接にきてくださり、久しぶりに介護員のプライドを見たような気がしました。この人たちが若い人たちを育ててくれるのを期待しています。



介護の現場

当社もほかにたがわず介護員さんが入れ替わり立ち代わりしてしまっています。
質を上げようにも、人が入れ替わってしまうと教育が行き届かないのが現状です。
利用者様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
人が入れ替わっているのは、私たちの下の管理者となる人たちも実際に動いてしまって教育すべき人間たちが一か所の事業所にとどまっていない現状は、介護保険開始当初の混乱した時代と似ています。福祉の王道ともいうべきことを教える人がおらず事業所の上に立った人間の価値観によって、お金儲けの事業所になったり、虐待も見逃してしまうような事業所であったり。非常に怖い今の福祉業界のような気がします。
当社は人を大切にし(お客様、職員とも)お互いの人間関係による相乗効果によって、利用者様が元気になるという事業所であったはずです。いつの間にか忘れ去られた今、ただ日々の作業を提供すればよいという事業所に成り下がってしまった感があります。
時代が変化するとともに変わってはいけないもの、変えなくてはいけないものを見極めて、優先して改革・改善を行えるように熱意をもって取り組んでいきたいと思います。



朝活

おはようございます
川邉です

何年か前から「朝活」って気になっていたので、今年は何かやりたいと思っています。
朝出勤前に活動することらしいですが、体操や、座禅をやっていました。
朝から気持ちを入れ替えてエンジンをかけるために何かをすることのようです。
私も最近太ってきたので、朝から歩こうかと考えていますが、一人ではきっと挫折してしまいます。

やっぱりメールを一生懸命送ることにします。
そういえば元気なお年よりは必ず、自分だけの良い習慣を持っておられます。

今日の徳目は【努力】です
今日も元気にお仕事がんばります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
>
> 「慈しみ支えて創る未来の安心
   人ともに歩み、地域と共に育つ」
>
>   ポリーライフケアサービス有限会社
>   http://www.poly-lifecare.com/
>
>    代表取締役  川邉久美子
>  兵庫県三木市緑が丘町東1丁目1-23
>     ℡  0794-85-6797 
>     Fax 0794-85-6877



本当の自分

おはようございます
川邉です

 自分の知っている自分は本当の自分でしょうか?
自分の実像と自分の理想とする自分像とのギャップはないでしょうか?
よく言われる「言っていることと行動することが違う人」というのは意外とこういう人なのです。
しかし自分は自分が言っていることができていると思っているために、嘘を言っているという実感はないのです。
そして理想の自分像が実像だと勘違いし、出来ていない他人を責めるような言動に出てしまうこともよくあるのです。
実像の自分と理想の自分とのギャップが、その人の信頼を損なう根本的な原因になっています。
ポリーのスクールでは自分はどんな人間 かを見つけることにあります。まず自分がどんな癖を持っているかを知り、、なぜ人生が生きにくいのかを探ります。
そして人間関係の中から、自分を変革していくのです。
皆さんは自分を知っていますか?

今日の徳目は【誠実】です
今日も元気にお仕事頑張ります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
>
> 「慈しみ、支えて創る未来の安心。
>     人と共に歩み、地域と共に育つ

>
>   ポリーライフケアサービス有限会社
>    http://poly-life-care.com/
>
>    代表取締役  川邉久美子
>  兵庫県三木市緑が丘町本町1丁目238-1
>     Tel 0794-87-2277
>     Fax 0794-87-2278



新入社員面接

おはようございます
川邉です

先日よりまた面接をしています。管理者候補ということで出して早々から11人応募がありました。30台40台50台と年代はいろいろです。
今年度は新規事業が目白押しで、やはり40台の方々が会社の将来を考えると良いように思います。PCのスキルもありモチベーションも高いように思います。
それと、以前に当社のサービスをご利用くださったご家族も応募してくださいました。

「あのときは本当に感激しました」と言ってくださり、こんなところでサービスがつながってくるとは思いもしませんでした。早速ヘルパーさんたちにその話をし感謝を伝えました。
地域に確実に根付いてきていることを感じました。

今日の徳目は【感謝】です
今日も元気にお仕事がんばります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
>
> 「慈しみ支えて創る未来の安心。
  人と共に歩み、地域とともに育つ。」
>
>   ポリーライフケアサービス有限会社
>   http://www.poly-lifecare.com/
>
>    代表取締役  川邉久美子
>  兵庫県三木市緑が丘町東1丁目1-23
>     ℡  0794-85-6797 
>     Fax 0794-85-6877



ひとりぽっち

おはようございます
川邉です

最近、日本がおかしくなっていると思うのは、一人ぽっちで生き、一人ぽっちで亡くなる人が多いことです。
当社は家族を大きなテーマに据えています。
社会の最小単位である家族は、すべての信頼の基本になります。日本文化の考え方の基礎が、これをもとに発するのだと思っています。親からの教えであり、価値観です。文化はそれの地域の集合体であると思っています。
でも今はそれがすべて崩れ去り、誰にも存在を知られずに暮らす人達が居て、そして知らない間に亡くなっています。
「人は誰かのために生きている。そして誰かに生かされている」
だからこそ人間なのです。
もっともっと、自分の周りに関心をもち、自分から発信していくことが大事な時代のようです。

今日の徳目は【言葉】です
今日も元気にお仕事がんばります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「慈しみ支えて創る未来の安心。人と共に歩み、地域と共に生きる。」

  ポリーライフケアサービス有限会社
  http://www.poly-lifecare.com/



研修参加

おはようございます
川邉です

私って結構研修好きなのです。
参加動気は前向きに・・というよりも、恐怖に追い立てられているようにおもうのです。

そして研修に参加することで、「なんとなくやった」感と持とうとしています。
「経営者は恐怖クラブのプラチナ会員です。」と先輩経営者の方が言われていました。会社が順調でも、そしてうまくいってなければ当然ながら恐怖に襲われます。こんな小さな組織でもトップとなると強靭な精神力が必要です。
最近ちょっと感謝力も薄れてきています。
感謝力が薄れてくると、愚痴や文句が多くなってきます。
気をつけなければ・・・。そして意識して「ありがとうございます」と言葉に出していうように心がけていきます。人間は言葉によって行動が影響を受けます。ということは言葉によってその人が、「今どのような心の状態」あるか」が推し量れるということなのです。
 少し気をつけて自分やまわりの人々を観察してみましょう。

今日の徳目は【自律】です
今日も元気でお仕事頑張ります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
>
> 「慈しみ、支えて創る未来の安心。
>     人と共に歩み、地域と共に育つ

>
>   ポリーライフケアサービス有限会社
>    http://poly-life-care.com/
>
>    代表取締役  川邉久美子
>  兵庫県三木市緑が丘町本町1丁目238-1
>     Tel 0794-87-2277
>     Fax 0794-87-2278

__________ Information from ESET NOD32 Antivirus, version of virus signature database 7164 (20120524) __________

The message was checked by ESET NOD32 Antivirus.

http://www.eset.com



おはようございます
川邉です

 立場によって同じ言葉でも意味が違ってくるということは日常よく感じることでもあります。人は言葉を発信するときには、思いが言葉に載ってきます。同じ言葉であったとしてもその人の日々考えていることによってニュアンスが変化するということです。
一般社員さんと幹部、経営者とは同じ言葉であったとしても全く違うニュアンスで伝わるということを知っておかなければなりません。しかし立場は違えども、同じ仕事をする仲間として与えられた仕事、役割の本質を見失ってはならないのです。日々本質を追求することがその人の言葉に重みを加えていくことになります。思考や体験のない言葉は人の気持ちを打つことはありません。
サービスとは約束である
プロとしての人間の成長をさせる教育
一般社員 の時には自分が幸せになる仕事から、リーダーになると人を幸せにする仕事にパラダイムシフトしていくことが大切です。
普段考えていることがいくらか整理できたように思います。

今日の徳目は【自律】です
今日も元気にお仕事頑張ります



新年度

 12月から新年度で今年度は新しいプロジェクトが目白押しです。
人が育っているはずだったのに、蓋をあけてみるとやっぱり育っていないという現実は
今回また身にしみて味わいました。
責任は自分にあります。
厳しさが足らないのでしょうか。
言い方は悪いのかもしれませんがアメと鞭が必要なようです。
鞭は時として厳しさの中に愛を隠し、成長を祈りながら鞭を振るうのです。
褒めて育てよといいますが、挑戦するからこそ失敗しても褒めてやれるのです。
挑戦しないところに褒めることはありません。その先には甘えしか残らないからです。
期待するからこそ厳しく、今見えていない世界を見るようにと社員さんたちにはっぱをかけます。
褒めるだけで育つ組織はまだまだ先になりそうです。

今日の徳目は【責任】です
今日も元気にお仕事頑張ります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
>
> 「慈しみ、支えて創る未来の安心。
>     人と共に歩み、地域と共に育つ

>
>   ポリーライフケアサービス有限会社
>    http://poly-life-care.com/
>
>    代表取締役  川邉久美子
>  兵庫県三木市緑が丘町本町1丁目238-1
>     Tel 0794-87-2277
>     Fax 0794-87-2278



しばらくぶりにブログ再開いたしました

以前にブログを3年ほど毎日書き続け、ぴったりとやめてしまっていましたがまた始めようと思います。
介護の業界は今非常に危機的状況です。介護員さんが足りず施設を作っても開設できないようなことをよく聞きます。介護員の確保が見込めないまま作るのもどうかと思いますが・・。
当社では介護員養成のスクールを行っていましたが、チラシをまいても生徒さんが集まらず現在は障害者高等技術専門学校の委託として介護員養成を年に2回行っています。
介護員さん不足は介護施設が増えたことと、介護業界が人材育成をしようという意識が薄いことが挙げられます。介護保険の施行当初介護の業界は医療職が上に立ち教育を行いました。しかし年数がたつにつれ最近は介護職が本来の福祉を担うようになりました。しかしながら問題は介護職が介護の技術のみの追求からもう少し視野を広め福祉全体の事を考えなければならないように思うのです。
福祉業界の人材育成はまさに現代の社会問題を根底から改善し、健全な社会の在り方を考えるきっかけとなるのです。
社会的弱者が増え、時に暴挙やヘイトスピーチ、ネットでの嫌がらせなどでうさを晴らそうとするゆがんだ社会です。
もっと素直に善良に生きられないものでしょうか。


カテゴリー

アーカイブ