コラム


介護の現場

当社もほかにたがわず介護員さんが入れ替わり立ち代わりしてしまっています。
質を上げようにも、人が入れ替わってしまうと教育が行き届かないのが現状です。
利用者様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
人が入れ替わっているのは、私たちの下の管理者となる人たちも実際に動いてしまって教育すべき人間たちが一か所の事業所にとどまっていない現状は、介護保険開始当初の混乱した時代と似ています。福祉の王道ともいうべきことを教える人がおらず事業所の上に立った人間の価値観によって、お金儲けの事業所になったり、虐待も見逃してしまうような事業所であったり。非常に怖い今の福祉業界のような気がします。
当社は人を大切にし(お客様、職員とも)お互いの人間関係による相乗効果によって、利用者様が元気になるという事業所であったはずです。いつの間にか忘れ去られた今、ただ日々の作業を提供すればよいという事業所に成り下がってしまった感があります。
時代が変化するとともに変わってはいけないもの、変えなくてはいけないものを見極めて、優先して改革・改善を行えるように熱意をもって取り組んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ