コラム


しばらくぶりにブログ再開いたしました

以前にブログを3年ほど毎日書き続け、ぴったりとやめてしまっていましたがまた始めようと思います。
介護の業界は今非常に危機的状況です。介護員さんが足りず施設を作っても開設できないようなことをよく聞きます。介護員の確保が見込めないまま作るのもどうかと思いますが・・。
当社では介護員養成のスクールを行っていましたが、チラシをまいても生徒さんが集まらず現在は障害者高等技術専門学校の委託として介護員養成を年に2回行っています。
介護員さん不足は介護施設が増えたことと、介護業界が人材育成をしようという意識が薄いことが挙げられます。介護保険の施行当初介護の業界は医療職が上に立ち教育を行いました。しかし年数がたつにつれ最近は介護職が本来の福祉を担うようになりました。しかしながら問題は介護職が介護の技術のみの追求からもう少し視野を広め福祉全体の事を考えなければならないように思うのです。
福祉業界の人材育成はまさに現代の社会問題を根底から改善し、健全な社会の在り方を考えるきっかけとなるのです。
社会的弱者が増え、時に暴挙やヘイトスピーチ、ネットでの嫌がらせなどでうさを晴らそうとするゆがんだ社会です。
もっと素直に善良に生きられないものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ